国内業者にはないメリット

マネー

優良な業者が多い

海外FXといえば、危険なイメージを持つ人も多いかもしれませんが、それは一部の業者にすぎません。海外にはたくさんのFX業者が存在しますが、その中には確かに悪質な業者も含まれています。しかし、日本国内の業者と比べても優良であると言えるような業者も、海外FXには存在します。どちらのほうが優れているとは一概には言えませんが、国内のFX業者で不満を持っている人は、海外FXにチャレンジしてみる価値はあるでしょう。どちらか一方を選ばなければいけないという問題でもないので、国内の業者と海外の業者の両方で口座を作成して、うまく使い分けるという選択肢もあります。海外FXでは、レバレッジ規制がかからないことが1つのメリットです。日本国内の業者でも、リーマンショックの前にはレバレッジ400倍で取引をすることも可能でしたが、その後規制がかかりましたので、現在は最大で25倍となっています。海外の業者では、レバレッジ規制がなく、最大で500倍のレバレッジをかけられる業者も存在します。また、海外FXではゼロカットシステムが採用されているので、ハイレバレッジで取引をする時に心配な借金を背負うというリスクがありません。また、海外FXでは国内FXとは税金のかかり方が異なります。国内FXによる利益は分離課税が適用されますが、海外FXによる利益は総合課税が適用されます。一般的には国内FXのほうが税金面で優遇されていると言われていますが、専業主婦の人やフリーターの人など、年収が低い人の場合には海外FXのほうが税金が安くなる可能性も高いです。